西国三十三所観音霊場、第三番札所、粉河寺の公式ホームページ。
和歌山、紀の川市にある寺、粉河寺。国宝の粉河寺縁起絵巻、名勝の粉河寺庭園が有名。
粉河寺
父母の恵みも深き粉河寺 仏の誓ひたのもしの身や
HOME
粉河寺の草創と歴史
文化財
年中行事
ご祈祷・先祖供養等のお申込
境内絵図
写真で綴る粉河寺
交通案内
お知らせ・新着情報
 西国三十三所草創1300年記念特別開帳

薬師堂の本尊薬師如来さまの
 
        ご開帳が始まりました
。 
 


去る3月24日(土)午前9時より、当山管長逸木盛俊猊下ご導師のもと、開帳法要を厳修いたしました。
参拝者の方が多数見守るなか、粉河寺塔頭修徳院田村僚貫住職が御厨子の扉を開け、お薬師さまがお姿を現されました。
 (通常は年一回、1月8日の初薬師の日のみ開帳)


 期  間 : 平成30年3月24日(土)〜5月6日(日)
        午前9時より午後4時まで

 拝観料 : 無料

 ※期間限定の薬師堂の御朱印、
             眼病平癒の御祈祷もいたします


 法要日程 

   開帳法要 平成30年3月24日(土)9時開式
  
   中日法要 平成30年4月8日(日)2時開式

   閉帳法要 平成30年5月6日(日)3時半開式



 

※4月8日(日)2時半より厳修された中日法要の様子。




※4月10日(火)仁坂吉伸知事(和歌山県)が来寺されました。




※4月13日(木)下宏副知事(和歌山県)が来寺されました。



 灌仏会(花祭り)は、
          4月8日に滞りなく終了いたしました。

お釈迦様の誕生を祝って行う法要 -灌仏会(かんぶつえ)- を4月8日(日)に執り行いました。
境内の桜は例年より早く散ってしまいましたが、日曜日ということもあって、たくさんの方が参拝に訪れました。
当山粉河寺でも、様々な草花で飾った花御堂(はなみどう)を作り、来寺の皆様が誕生仏に甘茶をかけられました(写真下)
また、参拝者の方々にも甘茶をふるまいました。




 『秋葉大権現、開帳法要のご報告』

境内の桜も盛りを過ぎた感のある4月1日(日)、当山粉河寺の秋葉権現堂において、権現様の開帳法要を厳修いたしました。
(年一回の御開帳)
午後2時半よりが当山管長の逸木盛俊猊下読経をし、祈祷札にお加持をいたしました。
開帳法要後は毎年恒例の餅投げを行いました。

※秋葉大権現様は火伏せにご利益がある神様で、不動明王と烏天狗(からすてんぐ)を足して2で割ったようなお姿(写真下)をしています。

この神様は、昔、粉河周辺が鋳物作りの盛んな土地だったことから、火災を防ぐ目的で、江戸時代に静岡県秋葉山より勧請されました。
現在もこの辺りでは、権現様のお札を台所に貼り、出火を防ぐ風習が残っています。

※秋葉権現祈祷札は、粉河寺授与所にてお分けいたします。


〔お問い合わせは、
  0736-73-4830(AM:8:00〜PM:5:00)まで
                         ご連絡ください〕

 旧初午採灯大護摩供
        3月27日(火)に滞りなく終了いたしました。

※本年の写真は、紀の川市在住の胡麻様が撮影されたものです。

本年の初午(旧暦)の日は、3月末ということもあり、境内が満開の桜で華やかに彩られるなか、午後2時半より旧初午採灯大護摩供を厳修いたしました。また、修験道の開祖「役の小角」を祀る「行者堂」を開帳(年1回)いたしました。
また、修験道の開祖「役の小角」を祀る「行者堂」を開帳(年1回)いたしました。
護摩祈願に先立ち、行者堂で山伏の方々が当山関係者と共に般若心経を読誦いたしました。
写真左は護摩壇の四隅に破魔矢を打ち、魔を祓っているところ。




本堂前の特設護摩壇にて、山伏の方々が、皆様方の願い事(厄除開運・家内安全・交通安全・病気平癒・身体健康・良縁成就・子宝授与・学力増進など)と願主の方のお名前を記したたくさんの護摩木をお加持いたしました(写真上)

当山管長の逸木盛修猊下が、祈願文を読み上げられた後、(写真左)柴で作られた特設護摩壇に火が入れられました。
強い風を受け、白い煙がが立ちのぼる様子は、壮観の一語に尽きました(写真下)
山伏の方々の吹き鳴らす法螺貝の音が境内に響き渡り、般若心経や不動明王御真言の読経が絶え間なく続くなか、護摩木を火中に投じて祈願をいたしました。





※尚、当日に加持いたしました祈祷札は、後日、当山大護摩供にお申し込みいただいた皆様方に送付させていただきました。 

 「スイーツ巡礼」のご案内

西国三十三所草創1300年の特別行事として、各札所限定スイーツを販売いたします。
当山粉河寺も、3つの絶品おすすめスイーツを、門前の「物産センターこかわ」
にて販売いたします。

※『はっさくプーロ』(写真左)・・・紀の川市特産の八朔を使用した焼き菓子です
。【1枚108円(税込)から】

※『黒豆大福』(写真中央)・・・紀の川市内鞆渕地区特産の黒豆を使った大福です。
【1個150円(税込)】

 ※『きのくにシュトーレン』(写真下)・・・地元果物のドライフルーツをたくさん練りこんだドイツ生まれのお菓子。
【1本1500円(税込)】



※お問い合わせは
 物産センターこかわ
 0736−73−8500まで


 


※粉河寺スイーツの3品と挽きたてコーヒーが一緒に味わえるセット【600円】(税込)
を「物産センターこかわ」にてお出ししています。
  


〜西国三十三所草創1300年の案内ポスター〜
  

※西国三十三所草創1300年行事の公式ホームページ

http://www.saikoku33-1300years.jp/ 

 (上のアドレスをクリックするとホームページへ移動します)

粉河寺の環境
粉河寺は、和歌山県北部を流れる紀の川に沿い、和歌山市と高野山とのほぼ中間に位置する。
最寄駅のJR和歌山線粉河駅から山門までは典型的な門前町を形成、約800mの道程である。
約35000坪の広大な境内地、200mに及ぶ石畳の参道、大小20有余の堂塔伽藍、名勝指定の粉河寺庭園等が織り成すたたずまいは壮観である。
ご祈祷・先祖供養のお申込
毎日、本堂において受付
(AM:8:00〜PM:5:00)
郵送・FAXのご利用可。
 電 話
電話番号
受付時間
(AM:8:00〜PM:5:00)
 fax (24時間受付)
FAX:0734-73-2007
交通案内
MAP
西国巡礼
西国33所巡拝の
納経帖・掛軸・おいずる
ドライブ地図等のご用意は
当寺本堂に於いて承ります。

西国第三番札所・厄除観音
粉河寺

〒649-6531 和歌山県紀の川市粉河2787
TEL:0736-73-4830・3255  FAX:0736-73-2007
URL  http://www.kokawadera.org
HOME | 粉河寺の草創と沿革 | 文化財 | 年中行事 | ご祈祷・ご先祖供養等のお申込 | 境内絵図
写真で綴る粉河寺 | 交通案内 |
Copyright (C) Kokawadera. All Rights Reserved.
tNode.insertBefore(ga, s); })();