西国三十三所観音霊場、第三番札所、粉河寺の公式ホームページ。
和歌山、紀の川市にある寺、粉河寺。国宝の粉河寺縁起絵巻、名勝の粉河寺庭園が有名。
粉河寺
父母の恵みも深き粉河寺 仏の誓ひたのもしの身や
HOME
粉河寺の草創と歴史
文化財
年中行事
ご祈祷・先祖供養等のお申込
境内絵図
写真で綴る粉河寺
交通案内
お知らせ・新着情報

 『平和の鐘を鳴らそう 〜in 粉河寺〜 』

 

去る8月15日(金)、当山鐘楼において、紀北ユネスコ協会主催の「平和の鐘を鳴らそう」という行事が行われ、正午12時に戦没者に黙祷が捧げられた後、約100名集まった参加者の方が一人ずつ、平和への願いを鐘の音に託して打鐘されました。粉河寺塔頭修徳院田村僚貫住職(写真上)も世界平和を祈念しつつ打鐘されました。
その後、参加者の皆さんは戦時中よく食べられていたすいとん汁を食べ(写真下)、戦時下の御苦労を偲ばれました。 

 

打鐘に先立ち、紀北ユネスコ協会の浅井義久会長が、『戦争に思いを馳せることで、平和の尊さを再認識してほしい』とご挨拶をされました。
また、紀の川市教育委員会の松下裕委員長が、『平和の礎を築かれた先輩方の努力に感謝の気持ちを込めて鐘を撞いてほしい』とお話されました。

  ※行事の様子がテレビ放送されます。

NHKテレビ     8月15日18:10〜19:00
              あすのWA!」内で紹介予定

テレビ和歌山   8月15日18:00〜18:55
              「@テレわか」内で紹介予定

 『不断経会(ふだんきょうえ)は、
             8月15日滞りなく終了いたしました』

 

精霊送りの法要である不断経会を15日に厳修いたしました。当日は午後1時より午後5時までの間、参拝者の方々と共に観音経を読誦しました。

 『施餓鬼(せがき)会は、
             8月9日滞りなく終了いたしました』

   
 
当日は台風11号の影響で大雨になりましたが、たくさんの参拝者の方が、朝の4時から夜の10時まで新仏・水子・先祖供養等に訪れました。
粉河寺の施餓鬼は江戸時代より続く行事で、この地域に広く伝わる童歌にも謡われています。

〜盆の九日 粉河の施餓鬼 親のない子は 水向けに〜

  

参拝者の方は、本堂において水向け経木を書いてもらい(写真上)、本堂前の施餓鬼棚(写真ふたつ上)にて、樒(しきび)の枝で水向け供養を行いました。

 

※今年、初盆を迎える新仏さまの供養など、特別に供養したい仏さまがある方は、本堂内で僧侶が読経し、特別回向を行っています。
(写真上)はその様子


◎施餓鬼経木塔婆の総回向

8月10日午後3時より、逸木盛俊副住職ご導師のもと、施餓鬼会でお水向けいただいた経木塔婆を供養いたしました。

 

粉河寺の環境
粉河寺は、和歌山県北部を流れる紀の川に沿い、和歌山市と高野山とのほぼ中間に位置する。
最寄駅のJR和歌山線粉河駅から山門までは典型的な門前町を形成、約800mの道程である。
約35000坪の広大な境内地、200mに及ぶ石畳の参道、大小20有余の堂塔伽藍、名勝指定の粉河寺庭園等が織り成すたたずまいは壮観である。
ご祈祷・先祖供養のお申込
毎日、本堂において受付
(AM:8:00〜PM:5:00)
郵送・FAXのご利用可。
 電 話
電話番号
受付時間
(AM:8:00〜PM:5:00)
 fax (24時間受付)
FAX:0734-73-2007
交通案内
MAP
西国巡礼
西国33所巡拝の
納経帖・掛軸・おいずる
ドライブ地図等のご用意は
当寺本堂に於いて承ります。

西国第三番札所・厄除観音
粉河寺

〒649-6531 和歌山県紀の川市粉河2787
TEL:0736-73-4830・3255  FAX:0736-73-2007
URL  http://www.kokawadera.org
HOME | 粉河寺の草創と沿革 | 文化財 | 年中行事 | ご祈祷・ご先祖供養等のお申込 | 境内絵図
写真で綴る粉河寺 | 交通案内 |
Copyright (C) Kokawadera. All Rights Reserved.
tNode.insertBefore(ga, s); })();