西国三十三所観音霊場、第三番札所、粉河寺の公式ホームページ。
和歌山、紀の川市にある寺、粉河寺。国宝の粉河寺縁起絵巻、名勝の粉河寺庭園が有名。
粉河寺
父母の恵みも深き粉河寺 仏の誓ひたのもしの身や
HOME
粉河寺の草創と歴史
文化財
年中行事
ご祈祷・先祖供養等のお申込
境内絵図
写真で綴る粉河寺
交通案内
お知らせ・新着情報
 童男会(どうなんえ)は、
           12月18日滞りなく終了いたしました。



当山粉河寺の地元粉河では、『童男さんの日は寒くなる』というの言い伝えがありますが、本年の童男会(12月18日)は時折雪の舞うの底冷えのする一日になりました。
当日は年一回開帳される童男行者を参拝し、ご利益をいただこうと、たくさんの参拝者の方が早朝より途切れることなく来寺されました。
朝6時よりの開帳法要、昼1時半よりの月例法要、3時よりの閉帳法要は、何れも当山管長の逸木盛俊猊下ご導師のもと、僧侶や参拝者の方々が「観音経」をお唱えいたしました。
開帳法要の後は、けんちゃん料理とお赤飯を参拝者の方々に接待し、月例法要後は逸木管長が法話をいたしました。
また、閉帳法要後に童男行者御宝前にお供えしていたお餅を袋詰めし、皆様にお配りいたしました。
 


 
                    (出現池の石造童男行者像)


 『粉河寺諸堂めぐり』(全7回) 最終回 〜童男堂〜 (再掲載)

大門をくぐり粉河寺境内に足を踏み入れ、暫くすると紅白の鮮やかな仏堂が左手に見える。延宝7年(1679年)に建立された童男堂である。
寺伝では、紀州藩の出である八代将軍吉宗の寄進とされ、昭和53年の半解体修理で往時の姿を取り戻した。
本尊は当山千手千眼観世音菩薩の化身である童男大士(童男行者)をまつり(写真左)、毎年12月18日の童男会の法要に併せて開帳される。
堂内の天井絵、壁画はどれも秀逸で、殊に欄間の彫刻の華麗さは一際群を抜いている。

   

 「粉河保育園のマラソン大会が行われました」



去る12月9日(火)、粉河保育園のマラソン大会が、当山粉河寺で行われました。
当日は肌寒い気候でしたが、子供たちは元気いっぱい境内を駆けまわりました。
マラソン後は、頑張った子供たちに園長の左近秋代先生がねぎらいの言葉をかけていらっしゃいました。

 第5回西国ハートフルウォーク
             & 『TONPEI』さんのライブ報告

去る11月24日(月)に第5回西国ハートフルウォークが開催され、参加者64名は4番札所の槇尾山施福寺から3番札所の当山粉河寺までの28Kmをウォーキングされました。
当日は天候にも恵まれ、参加者は紅葉で赤色に染まった峠路を歩いて来られました。
当山境内地では、車樂ラブのメンバーが粉河祭りのだんじり囃子(写真下)でお出迎えをし、みなさんの笑顔もはじけていました。
その後、本堂において、地元粉河出身の歌手「TONPEI」さん(写真上)のライブがありました。

 

粉河寺の環境
粉河寺は、和歌山県北部を流れる紀の川に沿い、和歌山市と高野山とのほぼ中間に位置する。
最寄駅のJR和歌山線粉河駅から山門までは典型的な門前町を形成、約800mの道程である。
約35000坪の広大な境内地、200mに及ぶ石畳の参道、大小20有余の堂塔伽藍、名勝指定の粉河寺庭園等が織り成すたたずまいは壮観である。
ご祈祷・先祖供養のお申込
毎日、本堂において受付
(AM:8:00〜PM:5:00)
郵送・FAXのご利用可。
 電 話
電話番号
受付時間
(AM:8:00〜PM:5:00)
 fax (24時間受付)
FAX:0734-73-2007
交通案内
MAP
西国巡礼
西国33所巡拝の
納経帖・掛軸・おいずる
ドライブ地図等のご用意は
当寺本堂に於いて承ります。

西国第三番札所・厄除観音
粉河寺

〒649-6531 和歌山県紀の川市粉河2787
TEL:0736-73-4830・3255  FAX:0736-73-2007
URL  http://www.kokawadera.org
HOME | 粉河寺の草創と沿革 | 文化財 | 年中行事 | ご祈祷・ご先祖供養等のお申込 | 境内絵図
写真で綴る粉河寺 | 交通案内 |
Copyright (C) Kokawadera. All Rights Reserved.
tNode.insertBefore(ga, s); })();