MENU

お知らせ・最新情報お知らせ・最新情報

曼荼羅供会(まんだらくえ)は、10月22日に滞りなく終了いたしました。

当日は午後1時半より、胎蔵界曼荼羅(写真下)を配置した本堂で 粉河寺管長の逸木盛俊猊下ご導師のもと、当寺の永代供養に申し込まれたご先霊の追善法要を厳修いたしました。
僧侶の読経の声が響く本堂内で、ご先祖さまのご供養のため来寺されたご子孫の方々も当山管長に続いてご焼香をされました。


※新規の永代供養の申し込みも随時受け付け中です。

〔お問い合わせは、0736-73-4830
(AM 8:00~PM 5:00)までご連絡ください〕

『不断経会(ふだんきょうえ)は、8月15日滞りなく終了いたしました』

精霊送りの法要である不断経会を15日に厳修いたしました。当日は午後1時より午後5時までの間、参拝者の方々と共に観音経を読誦しました。

『施餓鬼(せがき)会は8月9日滞りなく終了いたしました』

当日は、最高気温が40度を超えるような暑い一日になりましたが、たくさんの参拝者の方が、朝の4時から夜の10時まで新仏・水子・先祖供養等に訪れました。
粉河寺の施餓鬼は江戸時代より続く行事で、この地域に広く伝わる童歌にも謡われています。

~盆の九日 粉河の施餓鬼 親のない子は 水向けに~

参拝者の方は、本堂において水向け経木を書いてもらい(写真上)、本堂前の施餓鬼棚(写真ふたつ上)にて、樒(しきび)の枝で水向け供養を行いました。

※今年、初盆を迎える新仏さまの供養など、特別に供養したい仏さまがある方は、本堂内で僧侶が読経し、特別回向を行っています。
(写真上)はその様子。

 

◎施餓鬼経木塔婆の総回向

8月10日午後1時より、粉河寺管長の逸木盛俊猊下ご導師のもと、施餓鬼会でお水向けいただいた経木塔婆を供養いたしました。