MENU

お知らせ・最新情報お知らせ・最新情報

 『童男会(どうなんえ)のご案内』

来る12月18日(土)、童男会の法要を下記のとおり行い、童男堂(下記「粉河寺諸堂めぐり」参照)本尊の童男行者をご開帳(1年に1度)いたします。

○開帳法要 午前6時より (法要後、けんちゃん料理を接待いたします)

○月例法要 午後1時半より (法要後、当山逸木管長が法話をいたします)

○閉帳法要 午後3時より

『粉河寺諸堂めぐり』(全7回) 最終回 ~童男堂~ (再掲載)

大門をくぐり粉河寺境内に足を踏み入れ、暫くすると紅白の鮮やかな仏堂が左手に見える。延宝7年(1679年)に建立された童男堂である。
寺伝では、紀州藩の出である八代将軍吉宗の寄進とされ、昭和53年の半解体修理で往時の姿を取り戻した。
本尊は当山千手千眼観世音菩薩の化身である童男大士(童男行者)をまつり(写真上)、毎年12月18日の童男会の法要に併せて開帳される。
堂内の天井絵、壁画はどれも秀逸で、殊に欄間の彫刻の華麗さは一際群を抜いている。

曼荼羅供会(まんだらくえ)は、10月16日に滞りなく終了いたしました。

当日は午後1時半より、胎蔵界曼荼羅(写真下)を配置した本堂で 粉河寺管長の逸木盛俊猊下ご導師のもと、当寺の永代供養に申し込まれたご先霊の追善法要を厳修いたしました。
僧侶の読経の声が響く本堂内で、ご先祖さまのご供養のため来寺されたご子孫の方々も当山管長に続いてご焼香をされました。


※新規の永代供養の申し込みも随時受け付け中です。

〔お問い合わせは、0736-73-4830
(AM 8:00~PM 5:00)までご連絡ください〕

鬼子母神(きしもじん)のご祈祷のお知らせ

柘榴(ざくろ)が実り始める季節になりました。鬼子母神は縁結び・子授け・安産・子育てにご利益のある仏さまで、この季節になると、鬼子母神が好むとされる柘榴を持って、子授けなどのご祈祷に訪れる参拝者の方が多くなります。

(ご祈祷のお問い合わせは、0736-73ー4830 まで)


鬼子母神については、当山粉河寺逸木盛修前管長の法話(西国巡礼 慈悲の道 パートⅠ)をご覧ください。
http://www.saikoku33.gr.jp/road/1/03/index.html
【上のアドレスをクリックしてください】